消費者金融を利用している人口

消費者金融は今や多くの人が利用しているサービスとなっています。キャッシングローンを利用している人口は1100万人ほどいるとされています。単純にこの比率で考えると9人に1人ほどがキャッシングを利用していることになるのです。この数字は消費者金融でお金を借りている人のみの数字ですので、銀行でのローンを組んでいる人のことも考えると、お金を借りている人の人口は非常に多いことが予想されます。

ローンを組むことが主流となっている現在の日本において、それだけ多くの利用者のいる消費者金融は各社様々なサービスで顧客の獲得を図っており、そのサービスの一環がポイントの付与ということです。マイルやある特定のポイントに還元できるサービスもあれば、取引を行うたびにポイントがたまり、ポイント数に応じて無利息でキャッシングができる会社、利用金額の合計数に応じてコンビニなどでも利用できるポイントが付与される場合など、その種類や獲得の方法も様々です。

消費者金融を選ぶ際には、普段自分が良く利用するポイントへの還元がないか確認してみるとよいでしょう。また、同じ消費者金融を利用し続けることでポイントが優遇されていくケースもありますので、どれくらいの利用頻度になるかを予測して選ぶこともよい方法です。